2021-12-31

夜中にいきなりさ


ほうとうをぐつぐつ煮ている♪(香水のメロディで)




現在の時刻は3時42分。

冷蔵庫に眠った野菜を来年に持ち越すまいと

こんな時間にほうとうを煮て食べている。



年末から新年にかけての

あれもしなきゃこれもしなきゃっていう

あの日本中の人たちがそわそわ急ぎ足な感じと、

全てに◯◯納めという意識を持たねばならない

あの空気感が年々苦手になっていってる。



天邪鬼な性格なので

「全力でいつも通りでいるぞ!

1年の区切りがなんだってんだ!

そんなの勝手に人間が決めたことで

地球はずっと変わらず回ってんだぞ!」

と謎の意地を決め込み

通常運転の姿勢を心がけるも、

こうして冷蔵庫の野菜を今日中に

使い切らないとと思ってしまう自分は

その空気にまんまと飲まれているんだなと感じる。




今日は一日中部屋の大掃除をしていた。


大掃除している間手を止めないように

さっきまで友人と長電話をしてて、


バンプのライブ映像を流して一緒に口ずさんだり、

箱根のあそこの旅館がいいよって話とか、

風呂掃除の時シャワーが暴動を起こして

びしゃびしゃになって思わず大声で叫んだら

「うるせー!」と怒られたりして

なかなかに楽しい大掃除だった。



そしてクローゼットの中に眠った

着てない服やらかばんやらを

ばんばん容赦無く捨てまくった。

ゴミ袋3袋くらい出たかな。


高かったからとか昔気に入ってたからとか

また着たくなるかもしれないからって

何かと理由をつけて長い間ずっと

手放せないでいたけど、もう何年も着てないし

どこかに売るのも誰かにあげるのも

あれやらなきゃってタスクが

自分の中に逆に増えるだけだから

「ええいもう今の自分には必要ないものだ!」と

思い切って処分することにした。



これを着てた当時はその服が

大好きだったし着ててうれしかったけど、

今は時間が流れて自分の中に流れる

ムードが変わったのだなと思う。

そして、自分の本当に好きなものを選ぶ力も

昔よりはついた気がする。


新しい年を迎えるこのタイミングで

今のわたしがときめくものを

また新たに探すのがとても楽しみ。


どれを取っても妥協がない

お気に入りのもので囲まれた生活って、

想像するだけで気持ちが良いものだ。



お気に入りのものって話で思い出したけど、

この間、整骨院で借りたボールペンがとても書きやすくて

どこのやつですかと受付の人に聞いてすぐさま購入した。

(ぺんてるのエナージェルってやつ)


その次の週、デルフォニックスとモーグリーのコラボを

ネットで見かけてあまりの可愛さに一目惚れし大量購入。

ロルバーンのノートを3冊も買った。




図らずも偶然に

これ!っていうボールペンと

これ!っていうノートが同時に揃って、

このパズルのピースがカチッとはまった感覚が

最高に気持ちよかった。

ポテトとハンバーガーにはコーラだよね、みたいな。



そんなことがあったから、

特に何も書きたい内容はないけど

何か無性にこのノートに文字が書きたくなって

無心で色々と書きつらねていた。



来年やりたいこと

・合羽橋に行って卵焼き用の銅のフライパンを買う

・箱根か熱海あたりのちょっといい宿に一人で泊まる

・10月の大間のマグロを食べに行く

・栗原はるみさんの丸いまな板を買う


とか


街で出会った人のこと

・中華料理屋さんで隣に座ってた食べれる野草に詳しい

東京生まれ東京育ちのおじいさん

・地べたに座って芥川賞受賞の小説を読む毛皮着たマダム

・自分のことを「やよ」って呼ぶ推定やよいちゃんって名前の女の子


とか、


あとは

白玉は丸く均一の大きさにこねるのが難しいだとか

(こないだ白玉ぜんざいを作って残念な出来だった)

整骨院で言われた骨の歪みを正す生活習慣とか

とにかく他愛もないことを、淡々と。


なんでもないことを

ひたすらノートに書いて書いて書きまくった。


その時間がやけに楽しかった。

書き記さないと忘れてしまうようなことばかりだから

忘れないようにノートとでも名付けようかな。




来年やりたいことについてだけど、


フリーランスの仕事の宿命ではあるけども

ゴールデンウィークもお盆も正月も

だいたい企業が休み明けの稼働開始する日が提出日になるので

必然的に休みの間は制作を続けなければならない。

小学生の夏休みの大量の宿題みたい。



今年はだらだら家で仕事してごろごろして〜って

あまり休みと仕事の区切りのない日々を送っていたから

来年は意識的にバカンスを迎えようと思い

一人旅に出ようと計画中。

一人旅と言っても、車の免許を持たない女が一人で

ふらっと行って一泊二日で帰ってこれる範囲だけど。



お部屋食で、客室露天風呂付きで、

バーもあったらいいな、

海より山が見たい気分で、

旅行プランは綿密に練るか?

あえてノープラン行き当たりばったりで行く?

二泊でのんびりしちゃってもいいな、

とか色々練るのがとても楽しい。

思えば一人旅ってしたことないし。

いろんな宿のお部屋を眺めるのも心が躍る。



ということでもうわたしの心は

すでに2022年に行っている。


来年に向けてこんなに心が馳せているのは、

2022年が

長く続いた連載がもうすぐ終わって

新しい作品に取り掛かるっていう

節目の年にもなるからなんだけど


そのことについてもまたゆっくり言葉に

したいなーと思う。



大なり小なり節目だなって時が

人生にはたまに起こるけど

その時って自分の置かれてる世界や

周りにいる存在とか通り過ぎてきた点が

改めて輪郭がくっきりすると思ってて、

こないだまさに

ほんとにこんな恵まれ方って

そうそうないよなって思ったことがあって


それについてもまたいつか書きたい。



2022年もいい年にしよう。


めちゃくちゃ頑張る。

自分にはまだまだ足りないことが

いっぱいあるからね。

土を耕すことと種蒔きを怠らない一年にしようと思います。




また相変わらずだらだらと長い日記に

なってしまいましたが、

最後まで読んでくれた優しいあなたも

良いお年をお迎えください。


今年も一年ありがとうございました。





2021-11-14

温泉上手



この間、朝一番で温泉に行ってきた。


岩盤浴、サウナ、温泉の3時間コース。

大きな温泉施設ってずいぶん久しぶりだった。

一人行くのは初めて。



今回行ってみて改めて思ったこと、

わたしって温泉に入るのが

下手かもしれない。



思えば小さい頃からなぜか

温泉にじっと入ってるのがなぜか苦手で

肩まで浸かると水圧で胸が圧迫されて

息が苦しくて

ずーっと足だけ浸かってたり

5分もいられず上がっちゃったり。



両親が無類の温泉好きで、

子供の頃土日になると毎週のように日帰りで

土肥温泉やら伊東温泉やら修善寺温泉、

天城温泉、下田温泉などなど

伊豆方面に家族でしょっちゅう行ってたことがあり、

(静岡に住んでて近かったから)

今思えばわたしが温泉が下手なのは

そのせいなのではないかと思ってる。

親のせいにするのもどうかと思うけども

それしか見当たらない、理由が。笑



子供の頃は温泉の良さが全然わからず、

家のお風呂よりも熱いし

勝手に水入れて冷ませないし

熱いお風呂に入る時皮膚がビリビリ痛いし

なのに母は肩までちゃんと入りなと言うし

なんか色んな人がいっぱい裸で入ってて気まずいし

やだなぁ早く帰りたいなぁって

ずっと考えてたのを覚えてる。


父に「皆で温泉行くぞー!」と言われると

ウゲ〜行きたくね〜と思ってたほど

ありがたみを知らない子供だった。

(親の心子知らず…)



その名残なのか、ひと昔前に

女友達3人と大分の湯布院温泉に行った時も

タイミングよくお客さんが誰もいなくて

わたしたちだけの貸切状態で

ヒャッフー!だったのに

私だけじっと浸かってられなくて

ガールズトークが広がる前に

先に出るね!とささっと身体を洗って

出てしまったっけ。


温泉という存在は好きだし、

せっかく来たんだし

しっかり温まらないと勿体無いよなと思うのに

ぼーっと浸かることがどうしてもできない。

うずうずそわそわしてしまう。

けして損はしてないけど、

なんか損してるような気分。


昔から温泉でぼーっと黄昏れたり

ホッと一息ついてみたいという

憧れを密かに抱いている。



じっとできないのは

岩盤浴でもそうだった。


ヒーリングミュージックのかかった

暗い岩盤浴の部屋がとても

集中しやすそうな空間だったので

よっしゃ漫画のアイデアでも考えるか〜

瞑想でもしちゃおうかな〜と思って挑んだけど

寝そべってる間中ずっと

「これもう出ていいかな?」

「岩盤浴って何分くらいいるのが平均?」

「いやまだ汗かいてないしもう少し?」

「あのお姉さん私が入る前からずっといるよね?」

「早く時計の針回らないかな…」

ってこの空間を出ることばっかり考えてしまって

はっきり言ってアイデア出しはおろか

瞑想なんてする余裕はまるでなかった。

むしろ岩盤浴に入る前より脳内が

やいのやいのと騒がしかった。



サウナも然り。

昨今のサウナブームを見てわたしも一度

「整う」という状態を味わってみたくて

挑戦したものの30秒で脱落。

熱すぎて!

あと水風呂は、冷たすぎて

足すら入れなかった。


顔に濡れタオルを巻いて

入ったけど少し息苦しくて、

そしたら私の前に入ったおばさまが、

ウレタンマスクを冷水で濡らしてから

つけてサウナに入ってて、

それ賢い〜〜!と思った。

わたしも次回、それ真似してみよう。


整っていそうな人たちの姿を横目に

「わたしもその頂に辿り着きたい…」と

指をくわえて羨むのだった。



結局、温泉に浸かってる時間は本当短くて

ずっと露天風呂のリクライニングチェアで

フェイスタオルだけかけて

寝そべって木々と青空を見ながら

うとうとしてる時間がぶっちぎりで長かった。


身体は冷えるし

一体わたしは温泉に何しにきたんや…と

自分にツッコミ入れつつも、

外で全裸で寝そべるなんてことは

日常でなかなか出来ないことなので

まぁよしとした。

ちょっと寒かったけど、気持ちよかった。



お風呂から上がって

脱衣所で着替えてると、

おばあちゃんに声をかけられて

「お嬢さん、このまま裸で食堂って行けるのかしら?」

と聞かれたので

「いやっ 食堂は共用スペースなので

服着ないと無理ですね!」と慌てて止めた。


「ああそうなの!危なかった、初めてきたから

このままでご飯が食べられるのかと思った。

じゃあ岩盤浴は裸でいける?」と言うので

岩盤浴も男女兼用なので

専用の服借りて行かないとですと教えた。


あのおばあちゃんはたまたま

わたしがそこにいて聞いてくれたからよかったけど

もしかしたら知らずに全裸で

岩盤浴行っちゃう人とかたまにいるのかな…

その時どうするんだろう…

考えただけで恐ろしい…と

架空の最悪のケースを想像しながら

ひとりフルーツ牛乳をグビグビ飲んだのでした。

考えるだけでヒヤヒヤする。



疲れを取るために行ったはずが

なんかこの日はやたらと疲れて、

家に帰ったらぐったりベッドに沈んでた。

水泳の授業の後みたいなだるさだった。


調べてみると、湯疲れっていうものがあるらしい。

湯疲れしない温泉の入り方というものもあるらしく

今度はそれを参考に入ろうと思った。


温泉上手な人間になりたいな。

道は長い。




2021-11-10

ここのところ



机の周りを掃除した。

かなり断捨離したはずなのに、まだ物が多い。

なんかごちゃごちゃしてる。

一度断捨離モードに入ると躊躇なく

ばんばん捨てまくれるタイプなんだけど

こんっなに物が多いのにこの机周りにはもう

どれ一つとして捨てられるものがない。

「本当に全部必要?」って自分に問うけど

本当に全部必要。

ミニマリストとは程遠い…

次引っ越すとしたら収納が多い部屋だなぁ。



引っ越しといえば最近、

いよいよ我が人生、猫を迎える章に突入したくて

毎日物件サイトとにらめっこしている。

今住んでる部屋の契約を更新したばかりだから

長期的に探して良い家を見つけようと思ってる。


「最近猫と暮らしたいって言わなくなったけど

もう諦めたんですか?」とたまに言われるけど

諦められるはずがなくて。

むしろ口に出すと悲しくなるからあえて軽率に

言わなかったくらい猫を想う気持ちは何年も前から変わらず。


けど東京って猫可の物件本当に少ない。

同じペット可物件でも、小型犬可は全体の1/10、

猫可になるとさらにその1/10(つまり1/100)に

なるそうだ。そりゃ見つからないはずだよー


猫と暮らしたら絶対幸せだし、

早く一匹の猫を幸せにしたい。

責任持って幸せにさせてください、と

猫に土下座したいくらいの気持ちだ。








これは今まで道端で出会った猫ちゃんず。

かわええー。この世の猫たち、全員一生幸せでいてくれ。




ある日、考えることが多くて

頭がパンクしそうだったので

自然を感じに行って来ました。

さわさわと葉っぱが風に揺れる音、

鳥の鳴き声に癒された。

今の季節は過ごしやすくて何時間でもいられるね。




何かアイデアが閃かないかなと思って

切羽詰まった気持ちで足を運んだけど、

自然の中にいると逆に

何をこんなに焦ってるんだろ、

アイデア絞り出そうとしなくても

ゆっくりでいいじゃない、

木々も川も虫も魚もずーっとここで

自分のペースで生きてるんだからさ。

って気持ちになって

随分のんびりとリラックスしてしまった。

なーんにも考えず。

でも必要な時間だよね。



足元に颯爽と現れたヤモリパイセン。

立派なしっぽ。




なんか物言いたげにこっちを

見つめてくる鯉パイセン。


蚊パイセンには5箇所も刺されました。






メンタルも体も重いしだるいし、

なんか毎日睡眠の質も悪かったから

試しでゆるグルテンフリーしようと思って

小麦を一週間くらい全て絶ってたんだけど、

辛すぎてその反動でパンブームがきた。笑

薄弱な意思。

これはグリルドチーズサンド。



このフィラデルフィアの

贅沢3層仕立ての濃厚クリームチーズ、

これがもう超おいしくて!

ちょっと高いんだけどね。

これをパンに挟んでホットサンドにするのが

最近のマイブームです。デブ〜

パンもパスタもうどんも大大大好きだー


でもグルテンフリー生活してる間、

体の調子若干良かった気もするから

またゆるく再開しようと思ってる。

ゆるーくね。




SENSAIのクリスマスコフレが

素晴らしかった。なんて美しいのだろう。

わたし、どんなにハイブランドの

しっかりした作りの箱でも

躊躇いなく捨てるタイプの人間なんだけど

これはなかなか捨てられない。

一つ一つ切り絵になってるんだよ。すごすぎる。

繊細…(ダジャレではない)


あと入ってる商品のラインナップも最高すぎた。

最近わたしSENSAI、SENSAIよく言ってるから

こいつPRか?と思われるかと思って(違いますよ)

あえてあまりギャーギャー騒ぎすぎないようにしてたけど

もうここでは好きに言わせてもらう、

SENSAIの商品って本当に良すぎるの。


メイクアップラインも、スキンケアラインも。

マスカラと、リップの13番、チークの04番も

すごく気に入って最近よく使ってるし、

スキンケアは使うようになってから今までの人生で

一番肌の調子が良いです。


それまでエンビロンの数字低いやつで

地道に綺麗な肌に向けてコツコツ頑張ってたけど

SENSAIを使い始めたらぐーんと一気に

底上げを感じてその凄まじさに感動した。


SENSAI使い終わったら、

前回より数値あげた未開封のエンビロンがあるから

一旦それに戻る。

でもお金貯めてでもSENSAI使いたいよな〜って

今思ってる。


またどんな変化感じるか楽しみ。

ハイフもしたいしシミ取りレーザーもしたい。

誰に見せるものでもないけど

肌が調子いいと気分が安定する。


という最近のお肌事情でした。





わたしの大好きなNetflixのドラマ「エミリー、パリへ行く」と

ランコムのコラボアイシャドウパレット!

ら、ラブリーすぎる。箱まで可愛い。

最近フランスレポ漫画描いたばかりだったから

テンション上がった。

いろんな雰囲気のメイクができそうで使うのが楽しみ。

来月からシーズン2の配信始まるらしい。

楽しみ!禁酒して7ヶ月経つけど

あのドラマ見てると無性にワイン飲みたくなるんだよな。





こちらもかわいさの塊のような

rihkaのアイシャドウパレット。

本当に全ての色が可愛くて、全部推し色。

捨て色一個もなしで選べなかった。



この透明感のある大粒のラメ感、伝わるかな。

実物はもっともっと可愛い。


未来さんの作るものって毎回センスが抜群に良くて

こんなの欲しかった!ってものばかり。

女性の気持ちに寄り添ってくれるような、

持ってるだけで気分が上がるような、

単純じゃない可愛さ。


こんなに今の自分のムードにフィットするコスメも

そうそう出会えないなっていつも思うのです。

うっとりする。

素敵な人から生み出されるのは

素敵なものなんだなぁって

未来さんのものづくりを見てると思う。





これは今年出たrihkaのアイポリッシュ。

tanとlemon curdって色がわたしの推しで、

これは今年の雑誌のベスコスアンケートでも

何回も選んだくらい大のお気に入り。

年末出す予定のベスコス漫画にも入れる予定。

いつものマンネリがちなアイメイクにこれを指でトントンと

使うだけで派手すぎず、儚げなキラキララメが加わって

新しい気分にさせてくれるから大好き。

ホイップみたいな不思議なテクスチャーだから出せる

絶妙なニュアンスが好き。





ローラメルシエのホリデー第3弾の

チークパレット。素敵だー。

これも捨て色がないー。全部使える。

全部使いやすくて可愛い色だった。

ローラのチーク大好き。


そしてこれぞホリデーコレクション!って感じの

キラキラ華やかな外箱、パッケージ。

(パケの写真撮り忘れちゃったからどこかで見て…笑)


年末だ〜って感じでテンションが上がる一品。

これまたパリの舞踏会がテーマらしくて、

フランスのレポ漫画を最近まで描いてたので

テンション上がっ(略





これは新調したジュエリーボックス。

ずっとジュエリー収納が適当で、

ミキモトのパールを買ったからせっかくだし

ちゃんとした収納買わないとなって思い

ロンドンのジュエリーボックスのブランド

スタッカーズで購入。


母が「ジュエリーボックスって持ってないなぁ」

と言うのでプレゼントで贈ろうかと聞いたら

「今までみつこが使ってた無印のジュエリー収納がいい」と。


いやもうだいぶボロいしスタッカーズ買ってあげるよ

と言っても「どうしてもみつこが使ってたのがいい!」

と言う母。


なんかうちの母って

慎ましくて可愛い人だな、と思った。

1月が母の誕生日なのでスタッカーズちょうどいいじゃんと

思ったけど、そんな強く言われてしまったら

プレゼント何にしようか振り出しに戻った。悩む。





東北を5県巡るひとり旅した友達から送られてきた

ままどおるとかもめの玉子。

どっちも大好きなお菓子だから嬉しかった。

久しぶりに食べたけど美味しかった。



この友達には本当に感謝してる。

この時もわたしがちょっと精神的に

やたら落ち込んでた時で、

送られてくる自然の写真に救われた。



ここしばらく、ずっと暗い気分で、

特に10月の間は最初から最後までずーっと

どんよりしてた。


ただ何もせず時間だけが過ぎてって

この世で自分だけが全く前進できてないような、

何も生み出せない苦しみとか

これからも何も成し得られないんじゃないか、

っていう絶望と不安と焦りのような。

暗闇のどん底にいる気分でしんどかった。


うまく眠れないし、やたら悪夢も見るし。

季節の変わり目のせいなのか、自律神経のせいなのか。


前もこういう時期があったから

とにかく耐え忍ぶんだ、下手はこくなよと

自分に言い聞かせてたけど今回はなかなか根深くて。



寝具を一式変えたり、

間接照明だけで暮らしたり、

太陽光に当たりに散歩に行ったり、

海外ドラマで涙活したり、

無心で料理したり、

観葉植物の鉢の植え替えしたり、

食生活見直してみたり、

断捨離でゴミ袋5つ分出したり、

コスメを総重量4キロ処分したり。

自分なりに生活に変化を加えようと色々トライもした。


けどなかなか抜けられなくて

いよいよ病院でも行ってみるかって時に

この友達に電話して今回も助けてもらったんだよね。



昔もさ、今までの環境全部変えて

漫画家に挑戦するって決断した時

背中押してくれたのがこの友達だった。

大事な存在だなーと思う。


わたし、

人とのコミュニケーションは得意だし

わりと誰とでもすぐ仲良くなれる性格だけど

人間関係の「構築」がすごい苦手で

多数に向けて構築と持続ができる人って

本当にすごいと思うしそれが一番難しいと思うから、


だからこそこういう存在に

この人生で出会えたってことが

本当にありがたいなぁと思うのです。

奇跡だよね。


なんか最後、辛気臭くなったけど

こんなまとまりのない長ったらしいブログを

真昼間から書いているということは

おかげさまで今はちょっと

元気を取り戻したということです。

アイデアはまだ出ないけど。



頑張ります。


にしても長〜!笑


ごめんなさい。

ここまで読んでくれたあなたは優しい。