2021-05-18

明日もがんばる


久しぶりに、仕事で

オンラインじゃない対面の打ち合わせだった。

おしゃれな人が沢山いる、おしゃれな場所での打ち合わせ。


ここ最近は、抜毛症があって美容院にも行けてないせいで

人に会うのもおしゃれするのも

気が進まない期に入っていたけど、

この間抜毛症のことを漫画に描いたら

取引先の方が、打ち合わせの前日にラインをくれて

「わたしも抜毛症のことを話したくて…」と言ってくれて、

その流れで

肌荒れしてるから恥ずかしいこと、

コロナ太りで人に会うのが恥ずかしいこと、

わたしも美容院に全然行けてないって話も

自然な形で話すことができて。

手を差し伸べてくれて、本当にありがたかった。


そのおかげか、打ち合わせの日は

人に会うのが怖くなかった。


ハイダメージでパサパサ、

プリンなんて通り越してもはやツートーンってくらい

黒々と伸びきったお粗末な有り様の髪だけど、

恥ずかしいっていう感情は

隠そうとするから自分の中で余計苦しくなるわけで、

人にどう思われてもいいから

勇気を持って逆に手放してしまえば

こんなにも楽になるんだということを学んだ。

そして、人は自分が思ってる以上に

他人の見た目なんてどうとも思ってないことも。

なんか色々狭い考えに凝り固まっていたなーと気づく。





そして、抜毛症の漫画を描いた次の日に

宅配便が届いて、何だろうと思ったら

レオノールグレユのMさんから。


レオノールグレユの

マグノリアオイルと頭皮に使うトニックと、

スカルプブラシと共に

「髪のこと、少しでも気分が明るくなりますように」と

温かい言葉が書かれたお手紙が添えてあった。





レオノールグレユは、去年伊勢丹との仕事をきっかけに

美容に詳しいライターさんからおすすめしてもらって知って

どっぷり大好きになったブランドで、

その勢いで勝手にラブコールとして

ヘアオイルがめっちゃ最高なんだーって

漫画に描いて紹介させてもらったのだけど


そこから生まれたご縁で今も

Mさんがこうしてすごく優しくしてくださって、

温かくて温かくて泣いてしまったー。


勝手に漫画に描いて、

勝手に好きだと呟いて、

毎日香りに癒してもらって、

こんなことしてもらえるようなことを

何一つわたしはしていないのに

こうやって長い間気にかけてくださって、

なんてありがたいんだろうと思った。

優しいよーーー





なんか最近、

今まで自分がしてきたことが

点となって繋がって

それが今の自分が落ち込んだ時に

救ってくれる実感をすることが多い。


SNSで好きなものについて語ることが

本当に何より楽しくて、もはや趣味で

(逆を言うと興味ないものについては最低限の社交辞令も

できないくらいわかりやすいんだけど)

そうするとありがたいことに

思わぬ形でそれが波及して、本家の人の元まで届く!なんて

夢のある話がたまに起きたりするんだけど、


逆を言えばそれは

もしわたしが相手にとって失礼なことを言ってしまったり

敬意がないと捉えられる発言をしてしまったら

それも大好きな相手に届いてしまう可能性があるわけで。


そう思うとより一層、気を引き締めて

好きなものや人に対する敬意と、熱意を込めて

発信しなきゃなと思うわけです。


尊敬する女性の一人に、

オプラ・ウィンフリーさんがいて、

その方の言葉に


「成功するための最善の方法は、

自分の好きなことを見つけて、

それを他の人のために使うこと」


っていう言葉があって

わたしはその言葉が本当に大好きで、

自分が小さいころから辞めずに今まで続けてこれて

苦じゃないと思う唯一の

漫画を描くこと、絵を描くことが

人に喜んでもらえるために使えることが

本っっ当に幸せだなーと思うんだ。



綺麗事に聞こえるかもしれないけど、

何を持って「成功」とするかは人それぞれだとして、

そりゃお金はあればあるほどいいのもわかるけど

自分が普通に暮らせていけるくらいのお金が稼げれば

(あとは病気になったり家族に何かあった時に

困ったりしないくらいの多少の蓄えとかも)

莫大な富や地位や名声を得ることよりも

人に役立つことができたことの方が

よっぽど心が充足されるんだと

感じることが多くなった。

(無頓着すぎてもっと節税しなさいと税理士さんには怒られるけど笑)


もちろん上昇志向というか、

誰にも負けたくねー!!とか

もっともっと高みを目指してー!!とか

面白い漫画描きてー!!とか

負けたくねー!!って

誰よりもドロドロに思ってる自信もあるけど。笑




なんか最近は、

新しい企画段階の仕事で

自分の絶対に譲りたくない部分と

クライアント側の意図と要望が

どうしても重ならなくて

色々ぶつかっちゃうこともあって


ベストな形で応えたいのに!っていう気持ちと

ここは絶対曲げたら後で自分が後悔することになる

っていう直感的な気持ちが

どうにも折り合いがつかなくて

苦しかったこともあった。


何も出てこなくなっちゃったり

正解がわからなくなっちゃったり。


絶対手にしたい、この仕事をー!!って

強く思ってるのに

そこをわたしが器用にできないから

自分の才能の無さに打ちひしがれたり。

それで結局、白紙に戻ってしまって。


まあそんな苦しいこともあったからか

より一層、自分の好きなことを描いて

ご縁が生まれたり

人にありがとうって言ってもらえたり

エールをもらったりすることの

ありがたさをひしひし感じたわけです。




あまり人と馴れ合うのも苦手だし

自分の領域に入れるのも

人の領域に入るのも下手くそで

よく誤解生んだり人間関係のトラブルとか

起こしがちだけど、


漫画があってよかったな。


漫画家になれてよかったな。



製紙会社でいつも紙を大量に持って帰ってきてくれた父とか

わたしが描いた絵を猛烈に褒めてくれた母と友達とか

仕事辞めるの背中押してくれた友人とか

そこで見つけてくれた編集部の人とか

全ての点と点が繋がって

今があるわけで、

絶対一人じゃ無理だったな。


なんか大げさに感動を誘ってるような

いい子ちゃんぶった日記みたいになってるけど

思った時にこういうことは言わないと

だめだよな。素直に!!

その人に読んでもらってなくてもいいよ、

言葉にすることに意味がある!はず!


ありがたいな。

本当に周りに、漫画に救われている。

なんかもっと、真摯に向き合っていかないとだめだなあ。

当たり前のことは一つもないよな。


自分の好きなことで人に返していきたいよ。

そのためには頑張んないとな。

ブレない軸にしよう。




今、オプラ・ウィンフリーさんの

金言集読んでたら


「怖いものがあっても、それ自体に私たちを

支配する力はない。

それを怖がる自分の気持ちに支配されてしまうの。

真実を見つめれば、きっと不安から解放されるわ」


って書いてあって

うわあああオプラさーんっっ!!てなった。笑

本当そうだね、

最初の話じゃないけど抜毛症のこと、本当にそう。



なんか支離滅裂な日記になっちゃったよ!

終わり!



明日も頑張る!








2021-05-12

フラストレーション

書くほどでもない、書くほどでもないを繰り返してたら

こんなに間が空いてしまった。

そしてそんなに何もなかったのかというと

実はそうでもなく色々あった。



人生初の胃カメラを受けたり、

去年取り掛かってた大きな仕事がローンチになったり、

なんかめちゃくちゃ病み期に入ったり、

占いに行ったり、

前厄の厄払いに行ったり、

ヴィンテージのペルシャ絨毯に出会ったり、

BTSにハマったり、

Netflixのドラマにハマったり、

両親の誕生日に食事に連れて行ったり、

長期の打ち合わせで意見がぶつかりどん詰まったり、

キャンディクラッシュに重課金したり。



なんか書き出してみると

やっぱり書くほどでもなかったかもしれない。笑


あとはずっと家にいて仕事仕事仕事。

運動らしいものといえば

月に一度の歯医者に行くために電車に乗って、

歯医者の最寄駅の一駅前で降りて

たまに運動がてら歩いてたくらい。

圧倒的な運動不足。

(しかもその帰りに崎陽軒のシウマイ弁当を買うのが

楽しみだからどうしようもない)



昔はさ、夜中に牛丼食べようが

アイス食べようが何を食べても太らなくて、

わたしってそういう体質なんだわって

のんきに思い込んでたけど、

そんなわたしを馬鹿野郎だと言ってやりたいね。


やっぱりある程度年齢を重ねると

努力と我慢が必要になってくる。

代謝が落ちたら面白いくらい肥えていく。

顔なんてどこまでも完璧な円に近づいていく。

歳をとることは知識も経験も楽しみも増えて

素敵なことだと思うけど、

生活のだらしなさもたちまち隠せなくなってくる。

今までしたいことを好きなだけしてきたから

我慢するのって苦手だけど、引き締めていかないと。

ウワアァーン




あとは毎日スマホとにらめっこして、

落ち込んだり笑ったりして

寝たら一回リセットされて一日が始まって、って

この生活を続けようと思えば容易く

死ぬまで続くんじゃないかってくらい

単調で感動もない、変わりばえのない日々。



もともと好んで外に出かけるタイプでもないから

家にいることは大得意な人間だったけど

そろそろ旅行やら行きたいお店リストも

山積みになってきて、

フラストレーションが溜まってきている。


海外に行きたい。

またパリの街のあの空気を感じたいし、

小学生の頃からずっと憧れのギリシャに行きたい。

オランダにも行きたい。

アイスランドにも行きたい。

イギリスにも行きたい。

グーグルストリートビューで

練り歩くだけじゃやっぱり満足なんてできない。



国内で今一番行きたい場所は

山形県の湯殿山神社。

なんでも、古くから

「語るなかれ、聞くなかれ」が慣わしの霊山で

本殿は土足厳禁、

しかも参拝はお祓いを受けてから、

山内の様子は写真撮影も禁止で

そこで見たものについても口外禁止っていう

秘められた神域なんだそうで。

調べれば調べるほど興味深くて、

無性に行きたくなった。



日本って本当~に歴史が長くてさ、

ずーっと昔からその場所にあるのに

なぜか存在を隠されてて、わりと近代になって

その場所が明かされたなんて神社もあって、

面白いよなあ。ほんと。


まだまだ明かされてない秘密が

きっと沢山あるんだろうな。

こんな小さい島国の中にもさ。

は~ロマンだ。三種の神器とかさ。

もうワクワクしすぎて

それだけで夜通し語りたいくらいよ。



話は逸れてしまったけど、

もうとにかく行きたいところが沢山!

iphoneのメモ帳に溜まっていく一方。


本当だったらね、箱根や熱海なんかだったら

ひとりで一泊二日でピューっと行けるんだけど

東京に住んでる身としては

近場だろうがやっぱり誰かに迷惑かけたりすると思うと

どうも行きづらくてな。


旅行どころかどこかにちょろっと出かけて

事故や怪我なんてしちゃっても

今は病院にとてつもない迷惑をかけてしまうし。



スーパーに行くのだって最近は

車通りの多い道を渡るときは怖いし

ビルから何か落ちてきたらどうしようって思うし

日々の生活に少しヒヤヒヤしてる。

原因不明の胃痛に悩まされて胃カメラ受けた時も

入院になったらどうしようって毎日不安で

本当に健康はかけがえのないものだと痛感した。


両親もまだ健康で足腰が元気で歩けるうちに

自然豊かな場所に色々旅行とか

連れてってあげたいけど、

まあでも今はそんな贅沢言ってられないね。



本当に本当に早くこんな日々が

過ぎ去ってほしいと思う。

今やれること、今楽しめることに

ひたすら向き合う時間だね、今は。



事故とか怪我で思い出したけど、

ずっと書き続けてた日記帳をシュレッダーにかけようか

最近とても悩んでいる。


なんでも思ったことを殴り書きする日記帳、

テイラーが幼少期から日記つけてるっていうのと

モーニングページっていうのに感化されて

2年前から心の内を好き放題

赤裸々に書くのを日課にしてきたけど

これを他人にもし見られるようなことがあったらと思うと

もう恐ろしくて恐ろしくて!笑


こんな爆弾を自ら生産してのさばらせておくのは

自滅行為すぎると思って。悩むね。

ノートにも鍵かけれたらいいのにね。


どうしよっかな。








2020-11-17

還る




朝から靖国神社へ。


今年はコロナの心配もあって

終戦記念日や誕生日前後には行けず、

久しぶりに足を運んだんだけど

「やっぱり東京で一番好きな場所だ~!」

と改めて思った。



高校生の時にオープンキャンパスで

父と東京に行った時に

連れてってもらった以来、

(当時17歳のわたしは歴史に大ハマりしてて

どこか行きたいとこあるかと父に聞かれて

迷わず靖国神社をリクエストしたのだ)

ずーっと変わらず思い続けていること。


厳かで、本当に美しい場所。











秋晴れで空気が澄んでて空もきれいだった。

外国人の観光の人がほとんどいないから

人も全然いなくて、ゆっくり見れた。




もうあまりにこの場所が好きすぎて、

この日朝一番にまず参拝して、

病院行ってランチしてからまた戻って参拝して、

千鳥ヶ淵公園まで散歩してタクシーでまた戻って参拝して、

一日でなんと計三回も参拝した。笑


警備の人が「え!?お前また来たんか」

って顔してた。笑



何かで迷ったり落ち込んでる時にここに来ると

自分の生き方に誇りを持てているか?

恥ずかしくない生き方をできてるか?

って自問自答させてくれて、

自然と背筋が伸びるんだよね。




生きがいだと思える仕事をさせてもらえてること、

周りの人たちや環境に恵まれてること、

食べる寝るができる場所があること、

今の時代があること、

すべてがありがたいって思えて

よしまた今日から頑張って生きよう!

と思わせてくれるのだ。



この日は時間がなくて、

いつも行く歴史資料館の方には行けなかったけど

今度は朝から時間作って

ゆっくりそっちも見に行こうと思う。

定期的に訪れたくなる場所である。

行けてよかった。




そして、この日のもう一つの目的である

皮膚科と婦人科。



なぜ行ったのかと言うと、前々回のブログで

スキンケアを一式変えたことについて書いて

それからたしかに肌の調子は良くなったし

キメも整って乾燥もしなくなって

前より肌きれいになったように感じたんだけど、

ど~~しても

憎きアゴのニキビが治らない!



というか悪化の一途を辿っている気がして。

なんならいつもはほとんどできないはずの

ほっぺにも二つ発生してしまって、

キメだけ整ったニキビ面になった。笑



これじゃせっかく高い化粧水使っても

まったく意味ないぞ!ってことで、

油分とかそういうものが原因の炎症なのか

ホルモンバランスの崩れが原因なのか

お医者さんに究明してもらうべく皮膚科と婦人科へ

行ったわけである。



で、結果から言うと

両方かかって本当によかった。




初めて行く病院だったから、

問診のあと子宮の超音波検査をしてもらったんだけど

なんと子宮内膜症になりかけていることが発覚。



肌荒れの原因を知りに行ったら

図らずも重い生理痛とPMSの原因と

おしりをギューンッと突き上げるような

息も止まるあの激痛の原因がわかって、

目からうろこだったのでした。



子宮のあの検査がどうも苦手で、

3年くらい婦人科検診サボってたんだけど

上手な先生にやってもらったら全然平気だったし

本当に心の底から行ってよかったと思った。

とりあえず次回の生理からピルを再開することに。



改めて、これからはちゃんと

婦人科検診に行こうと思った。

本当に大事!


生理痛なんて皆このくらい痛いんだろうなーと思ってたけど

痛みなんて人と比べることができないんだから

自分が痛いって思うならすぐ診てもらうべきだと思った。




そして皮膚科では、

これまたすっごい丁寧で優しい先生で

わたしの肌悩みについて

20分くらい色々話を聞いてくれた。



皮膚科って、昔帯状疱疹になった時に

行ったことしかなくて

肌悩みで行ったのは今回初めてだったんだけど

「初めてなんですね!

じゃあやれること沢山ですね!

効果きっと感じられますよ~!楽しみですねぇ!」

って言ってくれてこの時点で

あ、いい先生だ…と思った。



わたしの場合フェイスラインによく

白ニキビにも赤ニキビにもならない

こんもりとした山?こぶ?のような腫れ(痛い)が

繰り返し起きることに悩んでいたんだけど



先生によると、

ホルモンバランスの乱れが起きて

女性ホルモンよりも相対的に

男性ホルモンの方が高くなると

フェイスラインにニキビが発生しやすいんだけど

男性の場合はヒゲがあるから

それがヒゲの毛穴からニキビとして現れて

炎症が起きたり膿が出たりするけど、

女性の場合はヒゲがないから

皮膚の奥深くで炎症が起きたまま腫れるから

行き場をなくした炎症が

山のようなこんもりニキビとして起こって

治りが遅れるんだってことも教えてくれて

なるほど…!って感動した。



いつも無理やり自分で潰したりするって言ったら

「絶対ダメ!どうしても潰したくなったら

ここに来てください!」と言われ、

今あるアゴのニキビと頬のニキビを

針で潰してもらった。



塗り薬ふたつと抗生物質ひとつ、

ビタミン剤三種類と

スキンピールバーっていう

ピーリング石鹸のお試しサイズをもらって

この日は帰宅。






んで昨日と今日使ってみて

炎症と赤みがかなりおさまっててびっくり!

あんなに市販の軟膏とか塗っても

うんともすんともしなかったのに。

早く病院にかかれば良かった。



今のスキンケアを使い切ったら、

徐々にエンビロンに切り替えていこうと決意。

初のドクターズコスメ!



ゼオスキンとエンビロン、

どっちにしようかなと思って

ネットでかなり色々調べてみたけど

ゼオスキンはなかなか玄人向けな感じがしたので

とりあえず徐々に肌を慣らすためにも

エンビロンをまず導入してみることに。

どんな風にお肌が変わるか楽しみ。



この日、病院の後に行った薬局の薬剤師さんが

お母さんと同じくらいの年齢の

優しそうな女の人だったんだけど、

わたしこの時子宮内膜症って言われたことの

ショックと不安で結構落ち込んでたんだけど

薬について本当に丁寧に色々教えてくれて、

不安を取り除いてくれて

安心させてくれてありがたかった。


薬についてどんな質問しても

スッと答えてくれるし、

お医者さんもそうだけど

薬剤師さんってすごい職業だなぁと思った。


病気を言い渡された後って、

心細くて不安で

泣きそうな気持ちで薬局に訪れる人も

きっと少なくないだろうから

そういう人たちを精神的な面でも

救ってくれるお仕事だよなぁと。


ありがたいよね。





病院のあと、心鎮めるために

千鳥ヶ淵の方までお散歩。



道の途中、

千鳥ヶ淵戦没者墓苑ってところがあって

てっきり戦没者の遺族のみが入れる

墓地なのかと思ったら


第二次世界大戦で海外で亡くなられて

遺骨の取引先がわからず

家族の元に帰れなかったお骨を収めた

名前がわからない戦没者のお墓だと

書かれてあり、行ってみることに。

(兵士だけじゃなくて一般邦人も含む)


こんな場所があるなんて知らなかった。


靖国神社はいつも人で賑わっているけど、

ここはなんだか少し寂しくなるくらい

全然人がいなくて、空気がひんやりとしてて

独特な空気が漂う静かな場所だった。



献花ができるとあったので

菊の花を供えて、手を合わせてきた。


ひとりでしばらくいたら、後から

80歳くらいのおじいさんがやってきた。


深々とお辞儀をして手を合わせて

遺骨の収めてあるお堂を

じーっと見つめていて、

その姿を見て

この人にもきっと

想っている誰かがいて、

数字で何万人が犠牲になったと書かれている

戦没者のひとりひとりにこうやって

大切に想う人や家族がいて、

残された人がいたんだと思うと

じんわり涙がでた。



日本人として

忘れちゃいけないことを

思い出させてくれた日だった。




皇居の周りを歩いて、

赤く色づいた木々をしばらく眺めてたら

心が安らいだ。



病気のこともわかったし

肌のこともわかったし

歴史のことも考えさせられたし、

なんだかこの日は

心も体もさっぱり洗われたような日だったな。