2019-05-21

石の辞典

最近、はちゃめちゃに気に入っている本がある。
それがこの本、矢作ちはるさん著「石の辞典」である。



もう何が素晴らしいって、中身はもとより、紙質、装丁、綴られている言葉、イラスト、書体、構成、ページの余白から何から全てにおいてとにかく美しい。


つい最近、「鉱物や石って吸い込まれそうになる不思議な魅力や美しさがあるな」と思い、少しだけ興味を持ち始めた。でも石の世界ってかなり奥が深そうだし、まあちょっとかじる程度で…って気持ちで、東京で開催するミネラルショーの日程や、初心者入門的な石の本がないかなと調べていた途中で、この本の存在を知った。



ジャケ買いと言うべきか、見た瞬間「うわっ素敵!」と感じてレビューも見ないで即注文、家に届いて袋から取り出す瞬間から「きっとこれはパーフェクトな本だ…!」って予感がした。

そしてその期待を裏切ることなく、本当に本当に素敵な本だった。手に持っているだけでこんなに気分が嬉しくなる本ってなかなかない。











(ページ丸ごと載せるのはちょっとあれなので、見切れた写真でわたしのお気に入りのページを。掲載許可いただきました)

まあ〜〜ほんと、どのページも見惚れてしまうほど美しい。そこかしこからセンスの良さが溢れている。


柔らかくてきれいな手書きのイラストの隣に、石の名前の由来や産地、歴史や成分などが淡々と綴られている。中にはちょっとキザだなって感じるくらいロマンチックな意味をもつ石や、見た目とは裏腹な大胆な意味をもつ石があったり。


そのどれもすごく丁寧な言葉で説明されていて、読んでてとても心地が良いし、次はどんな石だろう、と毎ページめくる楽しみに心躍った。

それでいて中身に全く無駄な説明は無く、きちんと辞典としての役割も果たしている。


石にまったく興味がない人でも、石についての正しい情報を調べたいって人でも楽しめるこの本、すごいと思う。


そして個人的に読んでて楽しかったのは、鉱物の和名の一覧表。なんとなく、中2病の精神をくすぐられる名前にすごくワクワクした。笑

「星葉石」とか「薔薇輝石」とか「海泡石」とか「銀星石」とか、もうなんか今にも胸元のネックレスがパーッと光り出して変身できちゃうんじゃない?って感じのかっこいい石の和名がずらりと並べられていて、根深いところにある私のオタクマインドがとても掻き立てられた。



宣伝か!ってくらいごりごりに熱く押してしまったけど(笑)まったくそんなことはなく、純粋にこの本の素晴らしさを伝えたくてこのブログを書いた。ちょっとでも気になった人は是非読んでみてほしい。きっと後悔はしないはず。


ちなみにこの本の中で、わたしはお気に入りの石を見つけた。ラリマーという石で、光が反射した海の水面みたいな模様が入った水色の石。「海から生まれた石」と呼ばれているんだって。あー、なんて素敵なの。



地球が産み落としたものの一部、って考えると鉱物の世界とはなんて壮大なんだろうと萎縮してしまうけど、途方に暮れるほどのその壮大さにロマンを感じてゾクゾクするし、この本を読んでる間もずーっと好奇心がくすぐられて、とてもいい時間だった。


おすすめ。
ここ最近で一番グッときた本。

いや〜、良い本に出会えた。とても良かった。


2019-05-20

香りの栞

匂いにも栞がはさめたらいいのにと思うことがしばしばある。

私は重度のメモ癖がある。その日見た夢の内容を始め、街で見かけたなんとなくおしゃれだと思った人の特徴、電車で聞こえた何気ない親子の会話、なんとなく気に入った言葉の言い回し、響きの良い英単語、いつ活用するつもりなのか自分でもわからないむしろ2度と見返すことのないようなメモが私のiPhoneの中にはてんこ盛りにしたためられている。


この間、仕事の打ち合わせの待ち合わせ場所が某ホテルのロビーで、そこに30分早く到着した私は特に何をするでもなくぼーっとソファに座って人間観察をしていた。

普段あまり外に出ず家で仕事することがほとんどなので、こういうあんまり来ない場所に足を運んだ時はそのメモ癖がいかんなく発揮される。

目が合うとパッとこちらに笑顔を向ける外国人のおじいちゃん、朝食を食べに下に降りてきた寝起きだと思われるクロックスを履いた女の子、ビシッと決めたスーツを着ていかにも外資系の雰囲気を醸し出しているパソコンをいじる男の人、電話とチェックアウトの対応に追われるロビーの受付の人たちを眺めて、「なんか漫画に使えるネタないかな」とぼんやり考えていた。

でも中でも一番印象的だったのが、そのホテルのロビーの香りだった。どこからともなくふんわり香ってくるその香りがとにかく素敵で、この香りをずっと記憶できたらいいのになとずっと考えていた。これを書きながら思い出そうとしてももう全然思い出せなくて、すごく悔しい。オリエンタルっぽさもあり清潔感のあるリネンっぽさもあり、ほのかに甘さ?もあって、だけど爽やかさもあったことだけは覚えている。とにかく今まで嗅いだことのないような複雑で洗練された香りで、この香りがメモできたら似たような香りの香水を探すこともできるし、部屋におくディフューザー探しもできるのに!と悶々していた。

こういう風に思うことが本当に多い。
記憶は嗅覚が一番強く結びついているとよく聞くけど、それはこちらが受け身でその香りを感じた時だけであって、その香りを思い出したい時に自分の記憶から引き出しみたいに鮮明に思い出せないのはなんとももどかしい気持ちになる。

私の数少ない特技の一つに「人がつけてる香水の名前を言い当てる」があるんだけど、これがあるから確かに自分の頭の中にはちゃんと香りが記憶として存在してるはずなのに、それを自発的に思い出そうとしても全然頭の中に蘇ってくれないのだ。それがすごくすごくむず痒く感じる。


もう一度匂いを嗅ぐためだけに、あのホテルのロビーに行こうかな。
そしてホテルの人に、これなんの香りですかって聞くのはダメなのだろうか・・・笑





画像が何もない記事が続いたので、最近ハマったモンマスティーを。偶然前を通りがかって飲んでみたらこれがめちゃめちゃ美味しかった。
千駄ヶ谷にある紅茶専門店。(静岡にも1店舗あるそうな)蓋に付着してカップから溢れそうなくらい入ってて350円というお得さ。甘さスッキリで紅茶の香りがしっかり強くて美味しいミルクティー。店主と思われるおじさんもとっても茶目っ気溢れる素敵な人だった。




2019-05-15

魔性の

・最近話題になっていたとある死刑囚のことについて数時間も調べていた。あえて名前をあげることは控えるけど、その女性が書く文章や感性はとにかく目を惹くもので、計算ではなくて天性のそれだと感じるほど人を引き込ませるものだった。

自分もこうなりたいとかテクニックを参考にしようとまではさすがに思わないのだけど、人に「なんか気になる」と思わずにいられなくさせる人っていうのはどんな人なのかと単純に興味が湧いた。でも今思うと、この時点でわたしもまんまとこの人に惹きつけられているうちの一人だったのだなと思う。


その人が獄中で書いている日記の内容は、誰かに共感を求めたり教えを説いたり有益な情報をあげるわけでもない。むしろ他人なんて一切気にしませんと言わんばかりの偏見たっぷりの目で好きなことや自分の思ったことを早口そうな口調で並べていて、時には下品な話題だったり「これいらなくない?」っていう無駄な話も多い。きっと本人も文章の構成を考えながら書いてはいないのだろうけど、なぜかその言葉ひとつ話ひとつ、強烈な魅力を放っていた。次から次へと読み進めたくなる面白さが確かにある。あっという間にペースに引き込まれてしまうような、そんな魅力。


物の例えの表現も巧みで、知識の幅も量もはんぱじゃない。そして更に、それがものすごい達筆で書き綴られている。少し読んだだけでも「この人普通じゃないな」とわかるほど、強烈な個性をそこかしこで感じる。

この人のこういう才能が、事件とは関係ないところでもっと他に活かされていたら、何か変わってたのかなとまるで余計なお世話でしかない考えまでぽっと浮かんでしまうほどだった。人が亡くなっている事件なのでその人を讃えるつもりは全くないのだけど、こう感じてしまう要素はどこから来るのかってことをぐるぐる考えていた。

努力や真似では身に付けることができないものだとわかるから、人はどうしようもなく惹かれて見たくなってしまうのかな。思惑を何も知らなかったらこれは騙されてしまうかもしれない。「自分は警戒心が強いから大丈夫」とか、「詐欺とかには無縁だし」だと思っていても、こういうその人が持つパーソナルな部分で魅了されてしまったら、そりゃ騙されてしまうのもわかる、と妙に頷いてしまった。



・なぜかある日突然、ファイナルファンタジー9が無性にやりたくなって、こないだスマホ版をダウンロードした。普段一切ゲームをやらない自分が、心の底からハマったゲームは後にも先にもこれだけだと思う。

19年前、ブックオフで親に1本だけゲーム買ってあげるからなんか選びなと言われ、一番目立つところに並べられていたからという理由で超適当に選んで買ってもらったFF9。ゲームが得意だった兄の隣で私はプレイせず正座して画面を眺めているだけだったのだけど、ストーリーが進むにつれて子供ながらに「これはとんでもない名作なのでは!?」と思っていたのを覚えてる。

ストーリー序盤はファンタジーの王道みたいな軽快なテンポで始まり、中盤に差し掛かるとシリアスで重い話が入ってきて、エンディングが流れる頃にはもう言葉にならないくらい感動して、嗚咽まじりで涙をだぱだぱ流しながら兄と2人テレビの前で呆然とした。当時小学生のガキンチョだった私と兄を涙で画面が見えなくさせるくらい感動させたこの作品って、今考えてもすごいと思う。

19年経った今もなお、キャラクターの絵を描いてるだけで嬉しくなって、主題歌を聞くだけで号泣できるゲームは、この作品以外今のところない。


主題歌のMelodies Of Lifeは、私の葬式でぜひ流してほしいと思うくらい素晴らしい曲だし、この曲に相応しい人生を送りたいと奮い立たされる。この曲の最後に流れるメインテーマなんて、もう「これ以上こんな非の打ち所のない完璧なメロディこの世に存在するの?」と思わせるくらい胸を熱くさせるものがある。
FF9はエンドロールが全部終わるまでの流れが本当に本当に素晴らしいと思う。
あー、早くやりたい!笑
これを書いてたら冷静じゃいられなくなってきた。

6月頭までヘビーな〆切がぼんぼんぼんっと続いてるのでしばらくはお預け状態なのだけど、プレイするのが今から楽しみで楽しみで仕方ない。FF9は「原点回帰」と言われてるだけあってこれぞファンタジーって要素が盛り沢山で本当にわくわくする。小学生の頃、FF9に影響受けまくってファンタジー漫画を描いたな。今はかなり現実的でリアルな女の子事情を描いてるけど、いつかファンタジーものも描いてみたいな。戦争ものも描きたい。描きたいものいっぱいあるな。


仕事終わったら楽しみにしていること。

1、FF9やる
2、ゲームオブスローンズを観る
3、新テラスハウスを観る
4、鎌倉の海沿いを歩きに行く
5、劇団四季を観に行く
6、コスメの発表会ラッシュ
7、買ったまま読めていない本を読む


はー、頑張ろう。笑
よっしゃー!

2019-03-24

雨でも晴れでも


・昨日は珍しく仕事に関して弱気になった。
いつもは、仕事に関してだけは能天気かってくらいものすごいバイタリティに満ちてて、どんな状況においても「やれるったらやれる!なんて楽しいんだろう!」って気持ちが自然と湧き出るんだけど、昨日カレンダーにスケジュールを書き込んでたら「本当に私にできるのか。私に頼まなければよかったって思われたらどうしよう。迷惑かけたらどうしよう。怖い。期待に応えられるだろうか。」と、何があったわけでもないのにこんなの初めてってくらい失意のどん底まで落ちた。笑


重圧というかプレッシャーというか、そういうものがすごい大きくて黒い闇のように感じてしまって、久しぶりにこういう気持ちになったもんだから、太刀打ちができず沈んでく一方だった。


いったん寝て起きたらその気持ちもだいぶ静まって、「時間ない中でも最高のもの作るのがプロのする仕事だし、受けたからには前の自分の作品よりも良いものを描くんだ、そういう成長のチャンスなんだー!」といつものように前向きに思えるようになっていたのでひとまず安心したのだけど、たまにこういうどうしようもない怖さが出てくることが定期的にある。

そういうときの対処法を身につけないと、やばいなーと思う。そういうときに描くものってすごく不本意なものになりそうで怖い。

親しい友達に、こんな暗い弱音を夜中吐きちらすだけ吐きちらして、「こんな言われても困るようなこと、ごめんね」と言ったら「全部読むよ!」と一言だけ言われて、なんだかすごく救われた。

できるよとか大丈夫とか、そういう言葉じゃなくて、「読むよ」とだけ言ってくれることがすごく心強く感じた。読んでくれる存在って本当にありがたいなと思った。

ひたむきに頑張ってる人がとても好きなので、わたしも胸を張って頑張ってると言える人でありたいなと思うそんな日でした。

気持ちがしゃきっとした。




・最近水彩絵の具で絵を描くのにハマっている。Apple Pencilの充電がなくなって原稿進められなくなったときとか、寝る直前の何か描きたいなー
っていう少しの時間に好きなものを小さなポストカードに自由に油性ボールペンで描いて、ヴァンゴッホの固形水彩絵の具でぺぺぺ〜っと色を塗る。

その時間がすっごく楽しくて、ああやっぱりアナログって楽しいなあ、と思いAmazonでブロックワトソン紙やマスキングリキッドを買い漁ってしまった。

固形の水彩絵の具って初めて使ったんだけどすごく使い勝手が良くて、便利。チューブから絵の具を出しすぎることもないし、片付けの面倒臭さもないし、小さいサイズの絵をちょろっと気軽に落書きするのにとても良い。水彩絵の具使うの久しぶりすぎてまだあんまり感覚取り戻せてないけど、もっと上手くなりたいな。



・そろそろ夏なのでゆるやかにダイエットを始めた。だいぶ暖かくなってきたのでウォーキングも再開した。朝昼は普通に食べて、夜は炭水化物を食べないようにしてるんだけど、最近ハマって毎日食べてるものがある。

キャベツの千切りをレンジで1分チンして、納豆と卵黄、めんつゆをほんの少し入れてガーッと混ぜたもの。見た目は最悪なんだけど、これが本当に美味しい。ごま油ちょっと入れても美味しいし、韓国海苔で巻いて食べても美味しい。そしてかなり満腹になる。おなかいっぱい食べても罪悪感も全然ないのでしばらくこれを食べ続けようと思う。


・友達と、西野カナさんの結婚について一時間弱熱く語らった。本人に届くことはないのに、どんだけだよってくらいの熱量で祝福した。笑
3年前、会話の中でなんとなく「西野カナのライブいってみようよ!」という話になって友達と観に行き、そこから彼女のライブにまんまと魅了されて、3年連続欠かさず必ず行くようになった。


本当に彼女のライブってすごいんだ。終始会場全体が曇りひとつないハッピームードで、終演後はディズニーランドに行った後のような「ああ楽しかったねえ!」という気持ちで100%満たされる。これってすごい才能だな、と思う。西野カナのライブ=ものすごい元気をもらえる場所、って感じ。

本物の西野カナさんは、本当に可愛くて顔が小さくて細くて、音源に劣らぬ歌唱力で、常にめいっぱいの笑顔で、「男子も女子も好きにならずにはいられない子」って印象だった。

そんな魅力いっぱいの西野カナさんの結婚報告を受けて、なんだかもう心の底から「おめでとう…!」という気持ちになった。もはやこんな冷静ではいられなかった。「うおおおお!!本当に!?!?おめでとう!!」って感じ。

ここ3年のうちにリリースした歌の歌詞を読み返して「カナやんが幸せそうでうれしいよ…素敵な人見つけたんだね…」って想いを馳せて涙が出た。笑


恋愛のことでいろいろ悩んで落ち込んで紆余曲折あった女の子が、たった一人の大好きな人と巡り合って、共に歩んでくことを決めたんだなっていうのがすごく等身大に伝わってきて、すっごい嬉しかった。

芸能人の結婚報告で感極まって泣くという、初めての体験だったので、ここに記す。笑
また活動再開したら、元気をもらいにライブに行こう。



そんなこんなな、最近の日記でした。終わり。

2019-03-20

似た者同士


ぶつぎり箇条書き日記。


・人は自分にないものを持つ人に惹かれるのか、はたまた自分に類似した人に惹かれるのか。そして自分はその二者のどちらなんだろうと考えてみた。

わたしは、今の自分のことは割と好きだ。
もちろん短所、コンプレックスも沢山ある。
自信があるかないかと聞かれたら圧倒的にないよりの人間だと思う。だけど、自分のことはいつもなんとなく好きでいようと心がけている。

もしも生まれ変わっても今の自分の思考、直感を持ったまま(容姿については是が非でもフルチェンジしてほしいと思うけど)、取り巻く環境もそのままでまた生まれてこれたらいいなと思ってる。漫画のようなチート能力を使ってもいいのであれば前世の記憶はそのままで、もっと学生のうちに真面目に勉強したり過去の過ちや人を傷つけた後悔、失敗を避けて挑みたい。だけどベースは自分のままがいい。


そんな風に思っているはずなのに、自分とまるっきり同じもしくは似た性格・発言をする人間が身近にもしもいたらと考えてみると、全く仲良くなりたいとは思わないし、なんだったら「あいつなんとなく嫌だな」と嫌悪感すら抱いてしまう予感もある。


「自分」っていう主観の枠から出た個体として自分を見ると、なぜかたちまち嫌になる。これってどうしてなんだろう。じゃあ一体どういう自分だったら、客観的に見ても好きだと思うんだろう。それが自分の納得のいく「理想像」なんではないだろうか?と延々ぐるぐると考え始めたところで脳みそが疲れて、考えるのをやめて寝た。自分でも何言ってんのかよくわからなくなった。笑



・3月はたくさん本を読んだ。そしていろんな人と会って、いろんなことを考えた。一番いろんな感情が忙しく駆け巡る大好きな春の季節に、アクティブに動き回れていたと思う。よかった。

最近感じたこと思ったことリスト

「ああ今ならなんでもやれるぞ、今の自分なら大丈夫!」と奮起する瞬間の気持ち良さ。
スーパーマリオのスター状態を彷彿とさせるあの無敵感。
自分が続けてきたことへのひとつの結果が出て嬉しかったこと。
環境に恵まれていて常に感謝しなければいけないことだらけだということ。
人間関係は極端にシンプルでもいいということ。その中で丁寧さを落としこむことが一番重要なのだということ。
偉い人、そうでない人の物差しはあまりあてにならないし無意味だということ。
人の悩みごとに対しての筋道は見つけやすいのに自分の感情はコントロールできないということ。
嫉妬心、羨望、劣等感を感じやすい自分に疲れることが多々あったけど実はそれがわたしの一番のモチベーション、向上心にもなるということ。
ずっと長いことわからなかった疑問を、斜め上の視点からするりと人に答えてもらった瞬間、ひとは全身の血管がうずうずする感覚に陥るということ。
これからわたしはもっと成長の実感を求めて磨いていかなきゃいけないということ。
自分の未熟さに嫌になって全てリセットしたくなる衝動がたまに襲うけど、今までのその未熟な自分を見てくれた人たちもいることを決して忘れてはいけないということ。



作品を描いたり発信したりする立場として、なるべくもっと明るいこと楽しいことを書いた方がもちろんいいとは思うんだけど、ブログはまあメモがわりみたいなものだし何せただの日記なのでこうでもいいのかなーなんて思う。
猛烈なスピードで2019年も過ぎていくけど、こうして新しい考えを見つける瞬間や楽しいと思えてよかったなという日記でした。



・スーパーインドア人間のくせに3月わりとアクティブライフだったので(この後の月末も予定がぎゅっと詰まってる)、4月5月はまた家にこもり仕事に集中・専念しようと決めたのでした。すでに「あんたこれほんとにいけるの?」っていうスケジュールもちらほらあるんだけど楽しむ気持ちがあればやれる、いやできないわけがないという謎の自信を胸に掲げていく。できるだけたくさん良い漫画と良い絵が描けたらいいなと思う。
外出予定といえばエドシーランのライブくらい。行けたらコミティア、あとはあんまり遠くではない海のある自然豊かな街をなんのプランも立てずのんびり歩き回り旅にも行けたらいいな。何気に2019年入ってまだ1度も行けてない劇団四季の観劇活動もそろそろしたいな。


・しばらくの間冬眠させるかのように封じ込めていた引っ越し願望が、あったかくなるにつれてまたむくむく芽吹き始めたので物件探しを再開した。大好きな不動産屋のお姉さんとまたやりとりが始まって嬉しい。このお姉さんに会って数回目で、「いつか漫画の主人公のモデルになってください」とお願いしたことがある。とても主人公オーラのあるステキなひとなのだ。
実在の人物をモデルに漫画のキャラを作ったこと実は今まで一度もしたことがないから、いつか描いてみたい。そしてすでに、インスピレーションをくすぐられるテーマがいくつかある。



まあ最近はそんなかんじ!





最近気に入っているラメのバランスが絶妙すぎるマニキュアで日記をしめようと思う。

ルミネ10パーオフセールの時ぷらっと立ち寄り一目惚れして買った色。ネイルズインクのリームズオブドリームズ。爪の色が元気だとわたしも元気になる。暖かい季節になるといつもラメとかホロとかオーロラとかそういうギンギラな気分になる。

心がときめくものを、いつもひとつでもいいから何か身にまとっていたいね。